ゆっくり動く

新型コロナウィルスの影響で、急速にリモートワークが広がりました。

旦那さんが自宅にいて、オンライン会議をしたり、仕事に集中していると、何となく気を使ってしまうという方がいると聞きました。

そうですよね。

リモートワークの広がりは、家の中の空気感や、時間の使い方、生活動線、家族との距離感などにも影響されてきますよね。

これからしばらくは、そんな今の日本の家の中、部屋の中を想像しながら、ヨガテリアっぽい解決の糸口、ヒントなどを書いていこうと思います。


その一つ目。

例えば、家族やパートナーが家で仕事してると、音をなるべくたてないようにとか、相手が仕事してるからゴロンと休憩するのも悪いかな、とか考えちゃうという人に。


誰かを軸にして行動すると疲れちゃいます。

だから、ヨガテリアなら、こう、考えてみます。

「あわてないで、ゆっくりと家事をしよう」

「いつもよりゆったりと、家の中を歩こう」

「私が休憩したいから、コーヒーを淹れる。そのついでに、あの人のコーヒーも入れよう」


そうやって、ゆっくり動くことを意識すると、自然に動作が丁寧になり、生活音が静かになります。ゆっくり動くことで気配が柔らかになるので、同じ空間に居る人にとってはそんなに気にならなくなります。

自分の軸に意識を向け、その行動を優しいものにしたら、結果的に部屋の空気感やそこに一緒にいる人との距離感も調律できると思うのです。

音を立てたら悪いかな...?  私が居たら気が散るかな...?という気遣いで暮らすのと、自分がそうしたいからという理由で静かに優しく暮らすのとでは、きっと全然違いますよ。


まずは、ゆっくり動く。

試してみてくださいね。




“Yogatería”

インテリアデザイナーでありヨガインストラクターでもあるassociepdが作った造語。ヨガをインテリアに昇華させ、心と体をセルフケアできる養生空間をYogatería(ヨガテリア)と呼んでメッセージする。モノや手法にとらわれず、体の声・感性・感覚に集中して見つける癒しのエッセンスで、インテリアを構成する。このサイトでは、そのエッセンスを集めていく。

0コメント

  • 1000 / 1000