VISION vol.1


2016年6月、associepdは、グラフィックデザイン・インテリアデザイン・ヨガインストラクターとして活動をはじめた。当初からの構想として、心のデザイン&インテリア×ヨガの提案がある。それを、「ヨガテリア」という造語でアプローチする。


「ヨガテリア」の思い描くゴールは、誰もがいつでもどこでもセルフケアができ、心身の健康を自分で管理して、生涯を健康で過ごせること。概念の域を出るために実践・検証が必要で、それらを体系的に構築していくための賛同と協力を求めていく。


例えば、瞑想状態になりやすい住宅空間(照明計画・色彩計画・音響などによって)や、ストレスをケアし作業効率を上げ創造性を発揮しやすいオフィス空間を提案するための、実践・検証を進めたい。宿泊施設、医療・更生施設、保育・教育施設でも適用できると考える。  


VISION 2 、VISION 3 では、地域活性を目指すある事業への応募用の企画書として、associepdが作ったものを転記しながら、「ヨガテリア」の可能性をご紹介していく。


その時、地域活性を希求していたのは、温泉地だった。



“Yogatería”

インテリアデザイナーでありヨガインストラクターでもあるassociepdが作った造語。ヨガをインテリアに昇華させ、心と体をセルフケアできる養生空間をYogatería(ヨガテリア)と呼んでメッセージする。モノや手法にとらわれず、体の声・感性・感覚に集中して見つける癒しのエッセンスで、インテリアを構成する。このサイトでは、そのエッセンスを集めていく。

0コメント

  • 1000 / 1000