VISION vol.2

企画書では、まず最初の課題として、資本主義からのアップデートについて、どのように考えているかを説明する必要があった。 私は、これを「価値」の概念の移行と考えた。以下、企画書からの転記である。


 ーーーーーーー  

価値を測るために、目に見えるもの(金銭・モノ・仕事・環境)を比較し、さらに優劣をつける。時に達成感を得たり、成長度を確認することはできる。価値基準を揃え、相対的に見ることは自分の位置がわかりやすい。 


ただし、この方法では、満たされない。

価値があると認められても、数字で見えても、手にしていても。


価値とは、見えるのではなく、感じることなのではないか。もっと奥行きがあり、多様多面で、実態がなく、多くも少なくもならないのではないか。

そして、さらに。 価値は、万物すべてがもう持っているのではないか。もし、そうだとしたら。その価値を、私たちは生かしているだろうか。


 私がいう価値は「個性」。すべてが絶対的な存在。これを生かす力を「能力」。そのパワーから生まれるものが、創造物なのではないか。 

そして。その創造物によって、自分と他者が、幸せを感じた時に、満たされるのではないか。  


とても観念的な説明だけれど、私が思う現在の資本主義からのアップデートは、まず、既成概念を手放すことと新しい概念を受け取ること。相対的から絶対的へ、価値を生み出すという概念から価値を生かすという概念への移行。


 方法として起案するキーワードは、 

1、価値を知るための内観と自愛 

2、能力を磨くための摩擦と機会 

 この2つを念頭に、ある可能性を図にしている。

 ーーーーーーーー 


 そして、VISION vol.3 の図へつながる。

“Yogatería”

インテリアデザイナーでありヨガインストラクターでもあるassociepdが作った造語。ヨガをインテリアに昇華させ、心と体をセルフケアできる養生空間をYogatería(ヨガテリア)と呼んでメッセージする。モノや手法にとらわれず、体の声・感性・感覚に集中して見つける癒しのエッセンスで、インテリアを構成する。このサイトでは、そのエッセンスを集めていく。

0コメント

  • 1000 / 1000