おいしい色

ピンク。

ある日、私はお花屋さんで、いつもはあまり選ばない色の花に惹かれて、何でだろうと自分でも不思議に思いつつ買って帰りました。

謎が解けたのは水あげ後、甘い香りが鼻先を通った時。いちごシロップのかき氷色だからと思いました。ああ、食べたいのだ、夏が待ち遠しいのだ、と気づきました。


色には、個人の記憶が強烈に記録されます。


一般的に、青は鎮静効果があり、赤は活力を呼ぶ効果があると言われていますが、これに個人の記憶というフィルターがかかると、どうでしょうか。

もしかすると、個人の記憶、のパワーの方が強いかもしれません。


ヨガテリアでは、個人の記憶を優先します。

壁の色・カーテンの色・家具の色・クッションの色。インテリアは色選びの連続です。その色選びを、自分の感受性に任せてみましょう。惹かれる色を選ぶのです。


ちょっと面白い実験をしてみましょう。

おいしそうな食べ物の記憶で、色を選んでください。ほうれん草の緑、なすの紫、かぼちゃの黄色、ラディッシュのピンクなどの自然食材でもいいし、ミントアイスのブルー、チーズケーキの卵色なども美味しそう!

たいていは、おいしい記憶と幸せの記憶はセット。おいしそうな色を選ぶと、じわじわ幸せが蘇ってきませんか? 


色には、個人の記憶が強烈に記録される。

そう知っておくと、色選びのヒントになると思います。

幸せな気持ちが蘇る色は?

心地よい記憶が蘇る色は?

喜びの記憶が蘇る色は?


あなたの記憶には、何色が記録されていますか?


“Yogatería”

インテリアデザイナーでありヨガインストラクターでもあるassociepdが作った造語。ヨガをインテリアに昇華させ、心と体をセルフケアできる養生空間をYogatería(ヨガテリア)と呼んでメッセージする。モノや手法にとらわれず、体の声・感性・感覚に集中して見つける癒しのエッセンスで、インテリアを構成する。このサイトでは、そのエッセンスを集めていく。

0コメント

  • 1000 / 1000